2022年 JRA競馬 展望

中山金杯2022 想定過去データ - 裏競馬

中山金杯2022 想定過去データ


71
日刊スポーツ
 中山金杯 
中山2000M)
ハンデ

日刊スポーツ新聞社賞
(代表取締役会長:川田員之)
(代表取締役社長:高田 誠)

[歴史]
1952年…ハンデ戦の「金盃」(中山2600m)として創設
1966年…日刊スポーツ賞「金盃」に変更
1971年…日刊スポーツ賞「金杯」に変更
1972年…4月に福島で代替(馬インフルエンザの影響)
1984年…GⅢ格付け
1996年…日刊スポーツ賞「中山金杯」に変更
2015年…フルゲート17頭ヘ

 
[2021年回顧]
1着5歳ヒシイグアスは、
古馬重賞初出走初勝利
4歳時、
春2勝クラス、秋3勝クラス卒業
2着は明け4歳の
ココロノトウダイ
3歳秋3勝クラス卒業
古馬重賞初出走

 

 

[想定人気(騎手)
ヒートオンビート (横山武史)
ヴィクティファルス(池添謙一)
トーセンスーリヤ (横山和生)
ウインイクシード (松岡正海)
タガノディアマンテ( -  )
ヒンドゥタイムズ (デムーロ)
スカーフェイス  (石橋 脩)
ロザムール    (北村宏司)
レッドガラン   (斎藤 新)
サトノクロニクル (内田博幸)
アールスター   (長岡禎彦)
※登録20頭/フルゲート17頭

 
2020年「中山金杯」は同舞台の「ホープフルS」が教えてくれた
 
【今週の注目レース】
 人気薄の台頭も想定しておきたい
 2022年最初のJRA重賞 

【出目連動レース(重賞)】
【最終見解】



【裏競馬】twitter


@urakeiba3

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
無料情報
プロフィール

urakeiba